医療法人社団メディカルハート なでしこ皮膚科
  トップページへ
にきびの治療
 
 
 

肌の状態、ニキビの程度および毛穴の開き具合により、治療法を組み合わせます。ニキビは早期治療によりニキビ痕を残さないようにすることが重要です。

●保険で可能なにきび治療
a)抗生物質の外用剤(アクアチムローション・ダラシンTゲルなど)を使いニキビ菌を殺して毛穴の炎症を抑えます。
b)その他の外用剤(カラミンローション・ベシカムクリームなど)を使い皮脂の分泌を抑制、炎症を抑えて治療します。
c)ビタミン剤(B2・B6・ビタミンC)の内服で皮脂の分泌亢進を抑制。皮脂の酸化、炎症を抑えます。炎症後色素沈着を予防します。
d)抗生物質の内服。テトラサイクリン系の抗生物質(マクロマイシン・ミノマイシン)は、ニキビ菌を殺す作用に加え、ニキビ菌の作るリパーゼ(皮脂を分解して炎症を起こす脂肪酸を作る作用がある)を抑えます。マクロライド系(ルリッド・クラリスなど)もニキビ菌を殺して炎症を抑える効果があります。

 
  e)面疱圧出法:毛穴のつまりを取り除きます。 f)漢方薬の内服。排膿散及湯、清上防風湯などを使います。
g)プログナンジオール:皮脂の分泌抑制作用によりニキビを抑えます。月経不順や生理前後のニキビに効果があります。
 
     
 

●保険ではできないにきび治療
a)ケミカルピーリング&イオン導入
思春期にニキビができなかったにもかかわらず、大人になってから、ニキビができるようになったという人がよくいます。これは、化粧をするようになって毛穴の出口に角栓(古い角質が詰まって毛穴を塞ぐ)ができることが原因です。 ケミカルピーリングは、皮膚にフルーツ酸などの酸性の薬品を塗布することにより、皮膚表面の古い角層を剥離し、細胞に刺激を与えて皮膚の新陳代謝を促進・正常化する治療法です。 当院では、グリコール酸にて行っております。また、当院では、ピーリング後にリン酸型ビタミンCによるイオン導入とセットで行います。 ニキビの程度、肌の状態にもよりますが、当院ではまず、1〜2週ごとに計5回を1クールをして行います。改善がみられたら2〜4週間に1回、メンテナンスをします。ニキビができなくなれば、ホームケア製品などでフォローしていきます。

 
 

b)レチノイン酸
レチノイン酸は、皮脂腺を萎縮、機能を低下させ、角栓(毛穴に蓋をしている角質)をはがれやすくすることによってにきびをなおしていきます。欧米では、ニキビ(アクネ)治療の第一選択となっています。日本では、まだ一般化していませんが、当院では治療に積極的にとり入れております。跡の残りやすいニキビ、深いニキビ、ピーリングでもなかなか治らないニキビの場合には、レチノイン散の治療を行います。

c)活性持続型ビタミンC誘導体(リン酸型ビタミンC)
10%ローション(VCローション)
リン酸型ビタミンCは、普通のビタミンC (アスコルビン酸)と異なりプロビタミンC(リン酸アスコルビン酸Na)といって皮膚に大量に吸収される誘導体が成分です。
・ニキビに効果(皮脂分泌抑制、抗炎症作用、抗酸化作用)
A美白効果(メラニン色素の抑制)
・アンチエイジング効果(コラーゲン合成促進)

 
 
   
医療法人社団メディカルハート なでしこ皮膚科
千葉県船橋市東船橋1-38-1-2F
電車利用 JR 総武線 東船橋駅 南口駅前
お車利用 京成船橋駅より車にて5分 京葉道路花輪インターより5分
何かご不明な点があれば、こちらにご連絡下さい。0476-92-1112
Copyright(C)2005なでしこ皮膚科. All Rights Reserved.